めざせる職業

スポーツトレーナー 中里 賢一 先生 [株式会社MARKS]
2007年卒業(第52期生)

一般企業に就職しましたが、以前から興味を持っていた「身体のケア」に携わる仕事に就きたいと思い、会社を辞めて資格を取りました。在学中に水泳選手が通う治療院で研修した縁で、卒業後は「ミズノスイムチーム」専属トレーナーとしてロンドン五輪代表選手の身体のメンテナンスも担当しました。
トレーナーを目指すなら、まずはそれを実践している先生のもとで技術・知識を充分に習得してください。そして、選手の信頼を得るには数多くの経験も必要です。

接骨院 服部 竜人 先生 [はっとり鍼灸接骨院] 2002年卒業(第47期生)

母校の埼玉栄高校近くに開業して12年。現在は鍼灸接骨院10院とリハビリに特化した介護施設を2施設、全体で1日1000人を超える患者さんが来院します。また、全国から様々なスポーツ選手も来院して頂き、治療後、その選手の活躍を聞くと非常にうれしくなります。在学中、学業や治療技術に加え、東京柔専の経験豊富な先生方から教えて頂いた「柔道整復師としての心構え」が今日、非常に生かされていることを実感します。これから柔道整復師を目指す方は、学生のうちから志を高く持ち、夢の実現に向かって頑張って下さい。

整形外科 岩本 弓佳 先生[整形外科 勤務]2013年卒業(第58期生)

高校在学中、周りの生徒は大学に進学する人が多かったですが、人と関わり体を動かす仕事が自分には向いていると思い、柔道整復師を目指しました。現在は、運動器リハビリテーションセラピストの資格のもと、機能回復のための運動療法を行っています。痛みで苦痛な表情をしていた患者さんが、治療を通して表情が明るくなっていき「先生のおかげで良くなった、ありがとう」と感謝されると、とても嬉しく仕事にやりがいを感じます。患者さんの思いに的確に応えられ、身体だけでなく心のケアも出来るよう日々頑張っています。

スポーツトレーナー 蒔田 大毅 先生 [東北楽天ゴールデンイーグルス 勤務]
2001年卒業(第46期生)

楽天イーグルスのコンディショニングチームの一員として、常時帯同し選手の体調管理をしています。Cure、Care、障害予防を基本に、パフォーマンスの維持・向上を目的としたサポートです。

スポーツトレーナーは、大変やりがいのある仕事です。この職業に憧れる後輩へのアドバイスは、明確な目標を立て実行することです。自らがめざすビジョンを掲げ、底辺の広い基礎作りに力を注いでください。必ずチャンスは訪れます!!

デイサービス 田中 淳 先生 [品川接骨院] 2000年卒業(第45期生)

接骨院の運営に加え、寝たきりの方などに医療保険を使った往診のマッサージを行っています。

そこでちょっとした段差で足を引っ掛けて転倒したことを起因に寝たきりになった方を多く見かけ、転倒予防の大切さを痛感。そんな経緯から2010年2月に介護予防・機能訓練に特化したデイサービスを立ち上げ、ご利用者様にとても喜んでいただいています。

柔整師の資格は機能訓練指導員として介護の世界でも活躍できる素晴らしい資格です。培ってきた施術法や運動指導などが活かせるので、今後ますます介護分野で活躍していける手応えを今とても感じています。

パーソナルトレーナー 初森 裕隆 先生 [Hatsu 47 接骨院]
1999年卒業(第44期生)

柔道整復師は、その昔、武道でケガをした人を治す、いわばスポーツトレーナーだったのです。私はトレーナーをめざし、資格取得後も接骨院と並行して、大学のソフトボール部や柔道部の選手のケアなどを行う他、現在はパーソナルトレーナーとしても活動しています。ケガを日常レベルに回復させる柔道整復師に対し、トレーナーは日常レベルを競技レベルに引き上げなくてはいけません。しかも、運動能力強化のポイントは種目によって異なり、ケアも個人により最適な方法が異なります。そこで重要なのは技術+コミュニケーション力です。実は私も話すのは苦手ですが、肝心なのは選手にしゃべらせる、聞き上手になることです。未体験の種目も話を聞けばどこの筋肉が必要かわかるし、運動学などはまさにそれと直結した学問です。チームでなく1対1なら、選手を試合や大会に合わせベストコンディションに仕上げることも、よりスムーズです。

日本のスポーツ界において、トレーナーの仕事はまだ充分に理解されていません。それでもやる気があり、何よりスポーツが好きであることが、この職業に求められる資質です。

多角経営 山根 幸男 先生 [株式会社ワイズケア]
1994年卒業(第39期生)

30歳までに開業するという目標を持ち、11年間接骨院で研修後、練馬区に接骨院を開院しました。スタッフが増えるにつれて、それぞれの特性・個性をうまく伸ばせる院づくりに心がけ分院を展開しています。常に実践していることは、同業種・他業種の方との情報交換です。今までの経験に加え様々な情報が、新しい事業のヒントになることもあります。今後の目標は「会社を譲る」と「もう一度個人で開業」、じっくりと患者さんと向き合う施術者に戻ることです。

イベント情報

オープンキャンパス
03月29日
ストレッチ&体幹トレーニング体験!

春休みスペシャル(*^^)ノ
04月01日
トレーナーを目指すために柔道整復師を選んだワケ

トレーナー志望者、スポーツ関係の仕事をしたい方、必見!!!
04月15日
フィジカルアセスメント体験!

新高校3年生集まれ!進路検討は早めから!
何でも進学相談
開催日
・04月17日 18:00~

何でも進学相談一覧へ

個別相談

東京住専チャンネル

テーピングの達人・足首の巻き方編

  • LINE 公式アカウント
  • 東京柔専ブログ
  • 情報公開
  • 東京柔専同窓会

〒179-0084 東京都練馬区氷川台3-31-13
TEL.03-5920-2211
FAX.03-5920-2210

お問い合わせ窓口:0120-5920-21

※平日は10時から19時まで(土曜日は12時まで)受付しています。
※携帯電話・PHS からもご利用いただけます。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス申込みはこちら